ホンダ・新型フリードの内装色とインテリアを紹介!

フリードに限らず、どの車種も内装色が何種類か設定されているケースがほとんどです。

内装色によって、雰囲気ががらりと変わってしまう部分もあります。

今回は新型フリードの内装色とインテリアについて記載していきます。

スポンサードリンク

新型フリードの内装色のバリエーション

フリードの内装色ですが、ノーマルタイプとクロスターでバリエーションが異なっており、フリード+も共通となっています。

また、内装色の違いによって木目調パネルの色や模様まで異なっています。

以下が新型フリードの内装色です。

シート色(シート生地)/木目調パネルの順で記載します。

モカ(ファブリックシート)/ウォールナット(ブラウン)

引用https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/design/

ブラック(コンビシート)/ウォールナット(ブラック)

引用https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/design/

ブラック(コンビシート)/ブライウッド(ブラウン)

引用https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/design/

因みに上記の通りグレードによって設定色が異なっており、大まかに分けると上記2つはノーマルタイプ専用、3つ目の赤太字で記した物はクロスター専用の内装となっています。

1つ目の内装色はノーマルタイプ全グレードに設定されていますが、2つ目のアンダーラインで記した内装はHYBRID G・Honda SENSING、G・Honda SENSINGにのみ設定されているSパッケージを選択すると自動的にこの内装になります。

また、クロスターの内装とブラック内装に関してシート生地にコンビシートと記載しましたが、これはプライムスムースという人工革をヘッドレスト部やサイドサポート部に使用し、メイン生地にファブリックを使用したものになります。

上質感を味わいたい方は是非ともこの内装を装着してみましょう。

因みにマイナーチェンジ前はベージュ内装も用意されていましたが、選ぶ方が少なかったのか今回のマイナーチェンジで廃止されています。

スポンサードリンク

新型フリードのインテリアについて

引用https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/design/

フリードのインテリアは一言で表すと、コンパクトボディなのにもかかわらず広大な室内空間と上質なデザインと言えるでしょう。

シート構成ですが、6人乗りと7人乗りが設定されていますが、6人乗り仕様にはこのクラスでは珍しくキャプテンシートを採用しています。

引用https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/utility/

これは初代モデルからの伝統であり、ライバル車のトヨタシエンタの6人乗り仕様には設定されていない装備となっています。

ひと昔のミニバンでは2列目シートがベンチシートの物が人気でしたが、現在では逆転しステップワゴンにしてもオデッセイにしてもキャプテンシートがメインとなっており、ベンチシートはオプション設定となっている車種が多いです。

実際フリードも7人乗りベンチシート仕様はオプション扱いとなっており、設定されているグレードもHYBRID G・Honda SENSINGとG・Honda SENSINGの2タイプのみとなっています。

引用https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/utility/

実際の販売比率もキャプテンシート仕様の方がかなり多いようです。

これはキャプテンシートの方がゆったり座れることと、真ん中に通路があるので3列目までのウォークスルーが可能になっているという点で選ぶ方が多いようです。

この点は買う方の好みや使い方によるので自分のライフスタイルに合わせて選択していきましょう。

インパネに関してはエアコンやナビなどがあまり手を伸ばさずに操作できるように配慮してあり、メーターも少し上側に配置してあるデジタル式なので視認性も良いです。

引用https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/design/

しかし、ナビを選ぶ場合に注意点があります。

カタログやホームページにはメーカーオプションのナビを装着した画像が乗っており、インパネにフィットして使いやすそうな印象を受けますが、あまりこのナビはお勧めできません。

口コミでもこのナビの使い勝手に関してはフリックの反応が悪かったり、使い勝手が悪いなどの意見がとても多いのです。

ナビに関してはディーラーオプションのナビを付けたほうが使いやすく、意外とインパネにもマッチするのでこちらの方をお勧めします。

スポンサードリンク

新型フリードの内装色とインテリアのまとめ

引用https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/cabin/

フリードはマイナーチェンジで今までも上質だった内装が更にバージョンアップし、高級感が増したと思う方が多いと思います。

また、ノーマルタイプは自分の好みで内装色を選ぶことが出来るのも特徴ですね。

インテリアもこのクラスで唯一のキャプテンシートを採用し、大人の方でもゆったり座ることが出来るのはこの車の魅力と言えます。

今現在ホンダのミニバンラインアップの中ではフリードの販売台数が断トツで、ステップワゴンに関しては売れていないということはありませんが一時の勢いはありません。

この理由としては価格が安いということに加え、上記のことがあげられると考えられます。

たくさんの荷物を積むという方や、子供がたくさんいるという方はステップワゴンに自然となってしまいますが、一般的な4人家族や仲間とドライブに行くという方はフリードでも十分ミニバンとして活躍してくれることでしょう。

実際ディーラーに行ってフリードを見てみると広さに驚くと思います。

是非ともディーラーで実車を確認してみましょう。